本文へスキップ

テクニカルイラストレーション技能士

技能検定ガイド

技能検定ガイド

技能検定ガイドHEADLINE

テクニカルイラストレーション技能士


立体図の作成と仕上げを実施

試験の特色 

テクニカルイラストレーションとは、工業製品の製作図に示されたデータやスケッチによって、その機能や構造を正確、明瞭に表現した立体図を、系統図、配置図などの解説図を含めて総称したもので、カタログなどに広く用いられるものである。

イラストの用途としてはフローチャート、工程管理図、組立て要領図など工程管理に利用するものと、加工図、外注図、技術指示図など生産工程中の加工技術管理に使用するもののほか、販売技術のポイント、運転操作のポイント、パーツリストなど交換部品材料の索引として使用するものなどがある。


詳細情報
試験形式: 1級、2級、3級があり、それぞれ学科試験と実技試験を行う。
学科試験: 製図、立体図、機械一般、材料など。
実技試験: (1)テクニカルイラストレーション手書き作業=機械部品、 機械装置などの立体図を作成する。 1級では、 与えられた課題図から、 立体組立断面図を等測図で作成する。 2級では、 与えられた課題図から立体分解図を作成する。。3級では、与えられた課題図から立体外観図を作成する。
(2)テクニカルイラストレーションCAD作業=1、2、3級がある。
出題例: 第三角法で描かれた課題図に示す組立図及び部品図から、立体分解図(拡散分解図)を等角投影図(等測投影図)で作成する。(3時間30分)


問い合わせ先
中央職業能力開発協会
住所:〒160-8327 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビルディング
TEL:03-6758-2861・2859






技能検定制度