本文へスキップ

商品装飾展示技能士

技能検定ガイド

技能検定ガイド

技能検定ガイドHEADLINE

商品装飾展示技能士


商品ディスプレーの表現技能

試験の特色 

商品を売るために消費者の購買心理をとらえ、商品の特徴をアピールする最も基本的な広告手段はディスプレーである。
 
商品を効果的に陳列する装飾展示の技能には、購買者のファッションやライフスタイルなどについての理解力、構想力、着眼力、表現力などが要求される。
 
この技能検定は、商品の効果的な展示方法、視覚に訴えるアイデアを具体的に造形化するデザインや表現技法に必要な技能を対象に実施されるものである。 

実技試験では、商品装飾展示のデザインができること、商品特性に基づくプレゼンテーションができることなどが問われる。


詳細情報
試験形式: 1級、2級、3級について、それぞれ学科試験と実技試験を行う。
学科試験: 商品装飾展示一般、 材料及び安全衛生などから出題される。
実技試験: 1級はイメージスケッチ及び平面図の作成と、その作成したイメージスケッチ及び平面図に基づき商品のビジュアルプレゼンテーションを行う。
2級はベースパネル及び棚上に商品プレゼンテーションを行う。
3級は壁面、テーブル上のスペースを想定した商品プレゼンテーションを行う。


問い合わせ先
中央職業能力開発協会
住所:〒160-8327 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビルディング
TEL:03-6758-2861・2859






技能検定制度