本文へスキップ

菓子製造技能士

技能検定ガイド

技能検定ガイド

技能検定ガイドHEADLINE

菓子製造技能士


和洋とも手加工の生菓子作り

試験の特色 

最近は、日本でも世界各国の菓子を食べることができる。ひと頃、洋菓子人気に押されぎみだった和菓子も健康志向などから見直されている。
 
検定は菓子の製造に必要な生地の調整から成形加工、熱加工、仕上げまでの技能が対象となっており、試験は、和菓子と洋菓子の2作業について実施されている。


詳細情報
試験形式: 1級、2級それぞれ学科試験と実技試験が行われる。
学科試験: 食品一般、菓子一般、関係法規、安全衛生など。
実技試験: (1)洋菓子製造作業=洋菓子にはシュークリーム、デコレーションケーキなどの生菓子類と、キャンディー、チョコレートなどの干菓子類とがある。検定はこのうちおもに手加工による生菓子の分野について行われる。
1級では、ボンボンショコラの製造とデコレーションケーキの仕上げを行う。
2級は四同割りスポンジ生地の製造とデコレーションケーキの仕上げを行う。
(2)和菓子製造作業=和菓子には饅頭、羊かん、練り切りなどの生菓子、金平糖やおこしなどの干菓子、煎餅やあられなどの米菓などがある。検定は、このうちおもに手加工による生菓子の分野について実施される。
1級では、じょうよまんじゅう、練り切り製品(はさみ菊仕上げ)の製造、扇形羊かん包丁仕上げを行う。
2級では小麦まんじゅう、練り切り製品(なでしこ仕上げ)、どら焼きの皮の製造を行う。


問い合わせ先
中央職業能力開発協会
住所:〒160-8327 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビルディング
TEL:03-6758-2861・2859






技能検定制度